« February 2005 | Main | April 2005 »

整形外科デビュー

左手にシビレが出始めて2週間。
ようやく整形外科(近所の町医者)に出かけた。
生まれて初めての整形外科である。
曰く「整形外科・リハビリ科・リウマチ科・内科」
はて?内科も一緒なのか??
とにかく入る。

受付のおねーさんがつまらなそうに受け付けてくれ、
しばし待合室で待つ。
1組だけ幼児とママがいたけど、他はみんな老人。
置いてある雑誌では「家庭画報」が目立つ。
ん?デザインの違う4月号が2冊?
よーく見ると2004年版と2005年版だった。
TVでは草薙くんと藤原紀香のドラマをやっていた。

やがて「白鳥さ~ん」と呼ぶ声がした。
で、でも、どこに行けばいいの??
どうやら第一診療室というところからの声だった。
先生は小柄なおじさんだった。
ちょっと話を聞いて早速レントゲン。
先生自らがレントゲン撮影もする。
正面、左斜め、右斜め、真横と4枚撮影する。
そしてまた待つ。

次に呼ばれると、先生がレントゲン写真を4枚並べた。
よくドラマにでてくるように、静電気で貼り付けるあれだ。
「頚腕症候群という病気です」
がーん。そーか私は病気なのか‥。
本来湾曲してしかるべき首の骨がまっすぐなため、
頭の重さを支え切れずに前にかしいでいるらしい。
うーむ。

「運動不足だからこの運動するように(と、肩こり体操という冊子を取り出す)。
1度じゃ治らないけど1日おきぐらいに牽引に通えば徐々に治るから。」

おぉ!噂に聞く牽引。

診療室から奥にあるマッサージ室みたいなところに移動する。
簡易ベッドやいかにも牽引しそうな器具がならんでいて、
老人達がのんびりおしゃべりしている。

なんだかよく分からないまま一番手前の牽引器具に案内され、
椅子に腰掛ける。
上からつる下がっているベルトみたいなものに顎をのせる。
「最初なので一番軽い8キロにします。14分間です。」
愛想のいいおにーさんが説明しながら器具を装着してくれる。
更に両肩と左手に温かいもの
(あれは何?保冷剤を電子レンジで温めたみたいなのの大きなの)
をのせ、和装着付け用と思われるマジックテープ付きの伸縮性のあるベルトでとめられる。
(このベルトが、私の着ていたプルオーバーの保護色のように同じ色でちょっと悲しかった)

そして牽引が始まった。
強弱のある引っ張り具合だ。
花粉症のマスクして、牽引される図はかなりマヌケな筈だ。

正面のベンチに座っているおばあさんは2人で楽しそうにおしゃべりしている。
やがて1人が先に退場する。
「お先に」
残ったおばあさんは、次にそのベンチに座ったおばあさんと再びおしゃべりを始める。
みんな顔見知りか??
まるで社交場みたいだ。
ここでは私もダントツの若手である。
若手すぎて(?)隣に座っても話しかけられなかった。

14分後、肩に乗せた温かいものが気持ちいいので、
もう少しいさせてもらうことにした。合計20分。
飲み薬(痛み止め、筋肉・神経を回復させる・こりをとる)と湿布薬を処方されて
私の整形外科デビューは終了した。

次は明後日、牽引されに行こうかな。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

学友との再会♪

ゼミの先生がリタイヤされ北海道に引っ越すにあたり、昨日囲む会が催された。
最後の二月会(代々のゼミ生が集う盛大な追いコン)以来8年。

先生は75歳だそうだが、エネルギーも笑顔もまるで変わらない。
私は勉強好きな学生ではなかったので、
社会学についてはな~んにも覚えていないけど、
先生のエネルギーがすごかったことだけは覚えている。

卒業後一度先生にお見合いを打診されたことがあった。
先生にとって私は、大人しくてお見合い向きの人間だと認識されていたようだ。
でも「趣味はフラメンコです!」と言ったら
「あんた、それじゃあ‥」と唖然とされて、結局お見合いの話もなくなった。
以来、先生は「大高=フラメンコ」と強く認識されたらしく、
年賀状には毎年フラメンコのことが書かれる。

先生、まだ踊ってますよ~!

ゼミの同期はみんな立派だ。
大学の先生、臨床心理士、社会福祉士、海外赴任間近の会社員‥
女子大なんだけど。

前職を辞めていなかったら、きっと引け目を感じただろうな。
さえない会社員だったから。

全部で6人集まって、喋っていて感じたこと。
喋る人→大学の先生、会社員
聞く人→臨床心理士、社会福祉士、コーチ
ちゃんと役割分担できていて興味深かった。
以前より分析しながら聞いている自分に気づいたりもした。

みんなががんばっていると思うと、
怠け者ではいられない。
先生を含め、みんなからパワーをもらったよ!ありがとう!!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

花粉症特需!

今日はドラッグストアが開いているうちに帰らなきゃ。
花粉症×2人の我が家のティッシュは、
1週間で5箱ペースで消化中。

12時少し前にドラッグストアに駆け込んだ。
あら?
「あの、ティッシュは?」
「全部売り切れました。
ローションティッシュが少しだけ残っています。」

「!!!」

店の片隅にローションティッシュが約5箱残っているのみ。
あとは完売!

さすが大量飛散!
花粉症特需ですな。

‥と思っていたらティッシュ工場が火事とのニュースが。
こんな、かきいれ時に!
もしや連続操業しすぎで摩擦熱か?!

昨日女性5人で飲んだけど、5人とも花粉症。
だいじょうぶか、日本人。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

美容室 Un jour

今日は表参道にある美容室Un jourでカットしてもらった。

テーマは「若作り」
担当の松島氏ニヤリ。
しかも花粉症対策で前髪短め(ベティ・コーチと同様)。

「どのくらい切りますか?」→「けっこうたくさん」
「かわいくなっちゃうけど」→「かわいい分にはいくらでも」

というシンプルな会話の後、ざくざく鋏が入る。
気持ちよさそーに切ってるなー。

完了に近づいた頃の私の感想は
「なんか音符の黒丸みたいだ‥」
 →「人間以外に例える人は珍しい‥」


実は明後日、大学(女子大)時代の先生を囲む会があり、友人と会う。
一番最近会った人でも4年ぶりだ。
みんなそれぞれの仕事でがんばっている人ばかりで、
その中で堂々としているにはちょっと気合が必要。
「若作り」でみんなを煙に巻く作戦でいくつもり。
で、でも音符かぁ‥。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

シビレが‥

先週の金曜日以来、左手にシビレを感じている。
一度鍼に行き、一旦治ったかと思っていたんだけど。

先日の鍼では「地獄の苦しみだったでしょう」といわれる荒療治。
ツボにビシビシ入っていた。

でも、一昨日くらいからシビレ頻度が高くなっているかも。
今日踊ったら治るかなぁ。
(それでも踊るのか!と突っ込まれそう‥)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

コワイ話

今週きいたコワイ話。

飛行機もスリップする。


        ‥かなりコワイ‥


EH197

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ちゃっかり企画【30人コーチングされ】

最近とてもちゃっかりした企画を立ち上げた。


【30人コーチングされ】


コーチング練習仲間で「100人コーチング」や
「100回コーチング」をやっている人がいる。
(練習なので無料)

クライアント役の供給不足では?
と感じたので、敢えてコーチされる側を選んでみたのだ。

30人に同じテーマで1回ずつコーチングしてもらえば、
どうしたってモチベーションは上がる筈!
怠け者の私には強力な行動促進が必要なの。

一方コーチ側になにかメリットを、
と考え30人分の質問をレポートかブログにまとめることにした。
さらに、3人終った時点で「これ本にできるんじゃないか?」
アイデアがいろいろ湧いてきた♪

【30人コーチングされ】に設定した条件
練習相手というスタンスなので無料コーチング
30分コーチしてもらい、その後コーチFB、クライアントFB
所要時間は合計1時間程度
テーマは「プロのコーチとしてのモチベーションを上げる」
ノートをとる
自分の声だけ録音する(許可次第)
質問等をレポート等にまとめる(許可次第)
3月中に30人

★【30人コーチングされ】にご協力いただける方は、メールください。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

« February 2005 | Main | April 2005 »