« March 2005 | Main | May 2005 »

春の京都を満喫♪

先週末、京都に2泊した。

1日め (着いたら夜だった‥)
初めての先斗町は、細い路地の両側にこじゃれたお店が軒を連ねていた。
「一見さん歓迎」なんていう看板もあって、想像していたより随分敷居が低いと感じた。

町屋をリフォームしたようなビストロでカジュアルなフレンチを堪能。
お店もお料理もよかったのに、隣の席のおばちゃん達が
世界のトイレの話を大声でしていたのが無念だった。
いくら自分達が食事が終ったからって~!
で、でも注意できなかったわ‥。

ホテルには夜食の自販機があって興味深かった。
おでんとカレーが売れていた。

2日め。
午前中は清水寺観光。
真っ青な空、鮮やかな朱の建物、思いのほか残っている桜。
絵葉書のようだ。

その後、四条河原町のデパートで夫が靴を買う。
買い物嫌いな夫は靴売り場のおねーさんに条件を示し、
自分は椅子に座って目の前に靴を並べてもらって
そこからピックアップしていた。
「こういうサービスが受けられるのがデパートの価値だ」
買い物ひとつにも分析が必要らしい。

午後、夫は仕事に出掛け、私は小さいバッグ1つ下げて京都を歩く。
一人だからあちこちのお店を覗くのも好き勝手だ。
祇園→八坂神社→平安神宮(お庭も散策。しだれ桜が満開だった!)
→銀閣寺→哲学の道 と休みなし。
気分よく散歩したけど、足はパンパン。

夕方、京都在住のFP・Rさんと待合せ、2人でお茶。
彼女と出会うのは2回目だが、会話はほとんど初めて。
それなのに話が弾んだ。
彼女の強みはきっとコミュニケーションだ。

その後仕事を終えた夫と南座前で待合せ、
Rさんの案内で石塀小路にあるお店へ。
ひっそりとした小路の両側に、知る人ぞ知る名店がずらり。
この通りはさすがに「一見さんお断り」然としている。
その中でカジュアルな1件を、予約してあったのだ。

3人でフラメンコからFP、強み、マーケティングなど
多岐に亘って大いに語り、お食事も堪能し、有意義な時間を過ごした。

3日めは仁和寺。
京都で一番遅い桜が仁和寺の御室桜だという。
近づくにつれ、渋滞でバスが動かなくなる。
山門には「満開」と札が掛かっていた。
アピールがスゴイ!

御室桜は丈が低く白っぽい。
満開の桜&五重塔は、いかにも京都らしい景色だ。
のんびり散策し英気を養った。

京都駅に向かうバスは大混雑。
ふと目が合った人のよさそうな白人女性に「crowded」と話しかけてみた。
そういえば自分から話しかけるのは初めての体験だった。
私のむちゃくちゃな英語でも、オーストラリア人の彼女と束の間の会話を楽しめた。
これは英会話教室のネタにしようっと。

京都で心に残ったのは観光客に親切なこと。
ガイドブック片手に右往左往している人が道を尋ねたりしたら
数人がかりで教えてくれる。
そして名所への看板も充実。
観光都市かくあるべし。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

田舎の春

昨日法事で田舎に帰った。

数年ぶりで行った実家のお墓はすっかりきれいになっていた。

思い起こすお墓はお盆の夜で、雲が光っていて、
藪がうっそうとしていて、やたらと蚊にさされる。

昨日は昼間で、春で、藪もなくなっていた。
あぜ道にはナズナ、ハコベ、ホトケノザ、オオイヌフグリ(なんちゅー名だ‥)が
小さいながらも花をつけていた。
(そんな雑草の名前がすらすらでてくるので、義妹に驚かれた)

目を上げるとちょっと先には満開の桜並木。

アマガエルだってそんな場所で見れば可愛いと思う。
自宅の玄関前にいたら気持ち悪いと思うだろうに。

かつての通学路を車で走った。
農家の庭先に桜が一本。
並木じゃなくてもじゅうぶん美しい。

川沿いの小道にも桜が咲いていた。
通学しているときは気づかなかったのかなぁ。
小学生の頃、冬に突き落としっこしていた田んぼは、
おおかた住宅地になっていた。

日向とお線香のにおいが体について、帰ってきた。

         field4


| | Comments (2) | TrackBack (0)

牽引2

ようやく2回めの牽引に行って来た。
今日も8キロ×14分。
隣に座った小柄なおじさんは「15キロ」とこともなげに一言。
えぇ!この力の倍の力に引っ張られるのか!!

前回は服と括っている紐が同じ色だったけど、
今日は温かい物体をくるんでいるタオルが同じ色だった。
いずれにしても保護色だ。(しょんぼり)

今日もサロンのようにおばーさん達がおしゃべりしていた。
50年来の知り合いらしい。
奥ではハンドルのついた丸い輪を、右手でぐるぐる回している男性がいた。
きっと脳の障害のリハビリなんだろうな。
一定時間が過ぎたのだろう、彼は
「じゃ」と明るく挨拶して帰っていった。

今週からは真面目に通院してシビレから解放されたいものだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あなたの声を良くするレクチャーコンサート

Uさんに誘われて「あなたの声を良くするレクチャーコンサート」に行ってきた。

耳鼻咽喉科のドクター(趣味が声楽)の夫=斉田晴仁さんと
美しい声楽家(ソプラノ)の妻=斉田正子さん
が繰り広げる美しくも愉快で不思議でややグロテスクもありな
レクチャー&コンサートだった。

晴仁さんは歌っているときは声楽家然としているのに
マイクを持つと急にドクターぶりを発揮し、
プロジェクターで投影した人体(肺から上)の図をレーザーポインターで指し示す。

自分が歌う様子をレントゲンでとりそれをビデオにとる、とか
妻に歌わせその時の声帯の動きを内視鏡で見て映像にする、とか
耳鼻咽喉科の専門知識と設備+声楽の素養+チャレンジャー精神
なくしては展開されえない、稀有な舞台だった。

自分の強みを存分に生かした大変素晴らしい試みだと思う。
(内視鏡で見た声帯の様子を、大画面で、延々見せられたのは、
ちょっとグロだった。
ドクターじゃないんだから見慣れてない。)

また音の周波数ごとの分布がでてくる装置やら
波形がでてくる装置も駆使し、
イタリア歌曲を歌う=周波数と波形が大写しにされる
という摩訶不思議な空間となった。
音の分布が赤→オレンジ→黄緑→青→白で表される。
高い声を思いっきりのばすような箇所になると
青や白の分布が多くなり、意味も分からず感動したりして。

レクチャーの内容は難しくてほぼ覚えていない。
聞きなれない言葉のオンパレードだった。
それでも面白いと感じた。
合唱をやっている友人などにはぜひ勧めたいレクチャー&コンサートだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夫の楽しいお買物

夫が買い物する意欲に燃えていた。
これはとても珍しいことだ。
彼は普段、書籍以外の買い物にはほとんど興味を示さない。

「ヨドバシカメラに行こう!」

「何買うの?」

「シェーバーとノートPC」

明確だ。

シェーバー売り場は、当たり前だけど女性は見当たらない。
わたしも全然興味が湧かない。
男性が数人、じーっと商品を見比べていた。
店員さんに説明を求めないあたり、
「地図が読めない女、話を聞かない男」に書いてあったことを思い出す。

夫も熟考している。
つまらないので同じフロアのキッチンタイマー売り場に出向く。
たしかIさんがメロディーが流れるキッチンタイマーを探したいと言ってたなー。

そのタイプは2種類あった。
¥1,050-と¥1,550-。
曲は両方とも「イッツ・ア・スモール・ワールド」
ほほう。これはIさんに知らせよう。

シェーバー売り場では夫が大体決心した模様だ。
「これにする」
‥と言われても、全然ピンとこない。ふーん。

次のお買物はUSBメモリーだ。
だいたいこれは「USBメモリー」という名前も分からず、
「あのPCに挿してデータの持ち運びができるヤツ」
なんて店員さんに聞けず、フロアを探し回る。
まずこれは?と思ったのはカードリーダー。
でも思い浮かべているのと違う気がする。はて??
さらに探し回りようやく見つけた。

128MB、256MB、512MB、1G、2G。
サイズに応じて値段も上がる。
どのくらい入ればいいかなぁ。

寿司ネタのおもちゃのついた¥8,500-のとかもあった。
きっと外国人は大喜びだろうなー。
ジャパニーズ・テクノロジーとジャパニーズ・スシ。
いくらとかトロとか太巻きとかかっぱ巻きがUSBメモリーに乗ってる。
128MBにスシがのると5千円増し。
おそるべし!

次のお買い物はノートPCだ。
夫は原稿の執筆が遅れていて、
会社だけでは執筆時間がとれないとのこと。
小さいノートPCを持ち歩いて、どこでも書くつもりらしい。

店員さんにいろいろ尋ね、ようやく決心。
秋冬バージョンのプリウスくん。
これで執筆できるね!


‥と思ったら今隣で麻雀ゲームやってる。
さっきは囲碁もやってた。
し、しっぴつは‥??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

目白「丁」で鰻まぶし膳

目白駅から目白通りを内側に歩く。
学習院の桜はせっかちな一枝だけ花をつけていた。
今にも咲きそうな蕾。

目白通り×不忍通りのT字路に、「丁」はある。
朱と白の外観にしぶ~い色の暖簾が。

夕一番乗りで入り、鰻まぶし膳を注文する。
食べたい!と思ってから2ヶ月。
ようやくありつけた。

鰻ののったご飯と、わかめと小ネギのお吸い物、茶碗蒸し、
お漬物とデザートの仙草ゼリー、薬味の小ネギ。

「これをかけてくださいね」
番茶のポットも置かれる。

わーい♪

面白い食べ方なるカードも添えてある。
美味しい食べ方と書いてないところが面白い。

3分の1はそのまま
次の3分の1は小ネギをたっぷりかけてわさびとまぶして
最後の3分の1はお茶漬けで。

お上品で美味しい鰻だった。
¥2,100-

ランチの鰻まぶし定食も試してみたいわ。(¥1,500-)


| | Comments (1) | TrackBack (0)

« March 2005 | Main | May 2005 »