« September 2005 | Main | November 2005 »

噂のフォトスタジオ

Fコーチが、コーチング業界に広めたフォトスタジオがある。
歌舞伎町に近い立地のため、
ホストさんやら、キャバ嬢やらが撮影にくるお店だ。

そのフォトスタジオに、コーチ仲間が続々訪れた。
もちろん私も。(右の写真参照→)

そして情報伝達好きな私は、
女性FPに写真を見せ、値段や撮影の様子などを話した。

すると。
女性FP達が大挙して写真撮影に訪れ、
中には会員になった方もいる。

フォトスタジオ側は、
「最近客層が変わったのはなぜ?」
と不思議に思っているかも。ふっふっふっ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ものもらい

朝、起きたら、左まぶたが開かない。
鏡を見ると見事に腫れている。
ものもらい」だ。あわわ。

「ものもらい」なんて何年ぶりだろう?
そういえば昨日電車の中で見た、
男性の右目のものもらいが気になっていたのだ。
変なシンクロじゃないといいけど。

「ものもらい」のまま、フラメンコの自習をし、お茶をし、
仕事でPCの画面をじーっと見て、
そうこうするうちに腫れはひいたようだ。ちょっと痛いけど。

明朝は腫れていないといいなぁ…。


| | Comments (0) | TrackBack (1)

ネイティブ・コーチを感じさせる一言

文京シビックセンターでのコーチングMsに参加した。
上質なコーチングの勉強を、楽しみながらできる貴重な場だ。

最後に撤収する際の、ホール担当の
おばちゃんの一言がすごかった。

「きれいに片付けてくれて、ありがとう!(そしてニッコリ)」

それは見事な承認だった。
彼女はネイティブ・コーチか?!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ロッテ、強い!

今年の日本シリーズでのロッテは強かった!
31年ぶりの日本一には、心からおめでとうといいたい。

今の私が心配なのは阪神ファンの暴動。
既に逮捕者が出ていることだし。

阪神ファンの皆さま、常勝阪神になったのだから(!)
今年負けてもヤケにならないでね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

第11回しりとり竜王戦

第11回しりとり竜王戦は、
板尾創路の圧倒的勝利で幕を閉じた。
永世竜王の名に恥じない素晴らしい戦いぶりだった。

…と、書いてあって理解できる人はメールを下さい。
「虎ノ門」ファンですねっ!

しりとり竜王戦はしりとりで
「技あり」…1点、「一本」…3点で点数を競うもの。

今回参戦したのは板尾永世竜王、有野7段、河本名人、高橋名人、井上名人、山里名人、大島女流名人、山根名人。

例えばこんな問題が出題される。

しりとりツバメ返し : 「~だが~」といった逆説でつなぐ
テーマ : ちょいワルな言葉

しりとりイマジネーション : 実際にあるようなものを想像してしりとり
テーマ : 金八先生の寝言
 この日、私が一番気に入った答えがこれ
 →「40%」
  板尾永世竜王のセンスが光る!

1週間前にしりとり竜王戦の番宣を見た夫は
「あ。しりとり竜王戦だ。見なきゃ♪」と楽しそうに言った。
彼がこんなに楽しみに待つ番組は他には見当たらない。
「言葉」にアンテナを張っているのか。

一方私は、竜王戦観戦中ずーっと表情を見ていた。
板尾永世竜王の考える表情は、すごく緊迫感があってステキ。
山根名人の真剣な顔は、なかなか決まっている。

アンテナの張り具合の違いを知るしりとり竜王戦であった。
次回も楽しみにしよう♪


| | Comments (4) | TrackBack (1)

英会話で語る蝉しぐれ

今日の英会話教室。
クラスメイトが「今、この本を読んでいる」と言って取り出したのが『蝉しぐれ』(藤沢周平)。

semi

英訳すると?
蝉は?「Cicada」
しぐれ。しぐれぇ???「rain…?」
ただの雨っていうのもヘンだけど
なんて表現すれば?

講師のギャビンが「蝉しぐれ」の説明を求める。

えーっと。
蝉の鳴き声がシャワーのように降ってくる様。
私たち日本人は、蝉の声を聞くと夏を感じたり、
行く夏を感じてセンチメンタルになったりする。
とかなんとか言ったつもり。
ほんとか?
通じたのか??

さらに彼は俳句について話し始めた。
「ボクは新聞に毎日掲載されている俳句コンテストで
優勝したことがある」
「え?イギリス人には俳句が人気なの?」
「そうでもない。」
「は??」

ともあれ575で作るらしい。
「季語も入れるの?」
「季語ってなに?」
「Season word
 これが入ってないと俳句じゃなくて川柳だよ」
「え?そーなの?」とクラスメイト。日本人よ、がんばろう。

イギリス人には、俳句は知られているけど
季語は知られていないのか。(一般化)

こういう、日本文化を他国の人に伝えるという状況が楽しい。
思えば茶道も華道もそのつもりで習った。(お琴はちょっと違うけど)
そしてそれらのお稽古事では、一番メジャーな流派は
不思議と避けている。
この2点に、きっと私の価値が隠れているんじゃないかと思う。

先日Uコーチと話しているときの話題。
Uコーチ宅に、親戚となったイタリア人がやってくる際の
歓迎方法について。
彼女は「お寿司を握る!」と考え、
寿司職人に弟子入りしそうな勢いだった。

その視点を変えたのはKコーチだった。
「手巻き寿司にしたら?」
「!」

他にもぞくぞくとアイデアを出す私。
「お茶点てたら?」
「和菓子は?ねりきりなんて感動されそう!」
「和服着たら?」
「東儀さんの音楽を流したら?」
「すしネタの乗ったUSBメモリーなんかも売ってるよ」

Uコーチは驚いたように言った。
「白鳥さん、日本人じゃないでしょ?
どーしてそんなに出てくるの?」

ふふふっ。実は私はイタリア人(な訳ない)
1番の強み『共感性』のなせる業かも。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

フォー!

「フォー!」

TV画面を見ずに音声だけ聞いた。

あれ?
レイザーラモンが女性の声マネしてる?fo

画面を見ると米倉涼子が
「フォー!」と連発していた。

え??

日清フォー』のフォーだった…。


| | Comments (0) | TrackBack (1)

鬼笑ミーティング

来年6月の発表会に向けて、ミーティングを始めた。

担当する係を決めたり、資金繰りに頭を悩ませたり。
なんだか文化祭みたいで楽しい半面、
ちょっと面倒でもある。

年内にはチラシとチケットができあがりそうな
勢いのミーティングとなった。

問題は資金繰りだなー。piggy_bank_12
広告料をどかーんととれるといいんだけどなー。

もう少し後になると衣装決めも大変なのよね。
他の曲の衣装とのバランスを考えなきゃいけないし、
オーダーでも借りても高いし。

楽しいばかりではない今日この頃のフラメンコライフなのだった。

あ。一番問題なのは踊り自体だったわ。忘れてた…。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

おそるべき韓流チョコ

Kコーチから「キムチ・チョコ」を頂いた。k_choco

こわくてまだ食べられず。

以前「高麗人参チョコ」をお土産に買ってきて、周囲に配った経験あり。
その頃はまだ、キムチ・チョコは見かけなかったわ。

日々進歩している韓流チョコ、おそるべし!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

来年は戌年

来年の年賀状に備えて、ももちゃんの写真を撮ってきた。

momo02 アメリカン・コッカー・スパニエル
4歳のお嬢様。

「あたし、可愛いのよ。おほほほ。」

という顔をしていやがる。


彼女が山鴫狩りができるとは、思えないなぁ…。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

超絶お味噌汁!

今日は伝説のKコーチ、美貌のUコーチと
ともに池尻大橋「石久良」のランチに出掛けた。ishikura

駅から雨に濡れずにいける、
一見庶民派の能登料理だ。
でも、ここの味はあなどれない。

今日も「刺身・てんぷら定食」(\1,800-)を注文。

新鮮なお刺身(トロ、サンマ、帆立 等)、
だし巻き玉子、
サクサクのてんぷら、
珍しい石川県産の練り物、
じゃこご飯、
そして超絶お味噌汁!

鯛、鮪、鰤、秋刀魚、蝦蛄でとったというおだしに、
山椒が効いている。

これが味わいたくて行くんだ、このお店には。

コーチ仲間にも喜んでもらえて最高のランチだった。
大将、また伺います♪


| | Comments (2) | TrackBack (1)

「ビールの待てるジェダイ」の仲間

いつものようにメール便を出しに行ったら、先客がいた。
やや年配の上品なご婦人だ。
メール便を大量に出している。

いつもの若いおねえさんではなく、
じゃっかんむさ苦しいおにーさんが対応していた。

ご婦人が言い出した。
「シール貼るの、お手伝いしましょうか?
というのは私、急ぐので。でも順番があるの?」

2人でシールを貼りだした。
あれ?1枚足りないようだ。
おにーさんはご婦人を残し、奥に行ってしまった。

残されたご婦人は、ふと後ろを振り返って私に気づいた。
全然知り合いじゃないけど、ちょっと会釈してみた。
彼女は私を待たせていて悪いと思っている様子もあり、
焦っている様子もある。

「お急ぎなのに大変ですね。」

一声掛けてみた。

「いつもの女の方がいればはやいのにね。」
「お休みでしょうかね?」

おにーさんが戻ってきてシールを貼る。
「13通で1,040円です。」
「え?14通あるはずですけど?
 私は全部届けてもらえればいいんですけど、
 そちらが困るでしょ?」

シールを数えると13通分らしいが、
封筒は14通ある。
あーあ。

対応に困ったらしいおにーさんがまた奥に行ってしまったので、
ご婦人に話し掛けてみた。
「読み合わせしましょうか?」

そうこうするうちにおにーさんが戻り、
結局おにーさんと私とで読み合わせをし、謎の1通を特定できた。
(彼女は老眼で小さい字の読み合わせが難しそうだったのだ。)

その間、ご婦人は怒り出すわけでもなく、
読み合わせている私に椅子をすすめようとしてくれ、
最後はお礼を言って去って行った。
急いでいる筈なのに。

彼女は「ビールが待てるジェダイ」の仲間だわ、きっと。
こういうときに品性がでると感じた本日であった。boken

※ビールの待てるジェダイについては
 冒険の作法ご参照。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

マイHP リニューアル中

昨年の春に、勢いで作ったきり顧みてこなかったマイHP。
いよいよリニューアルすることにした。

今までのピンク・レンガの壁紙がどうにも気に入らず、
「みんな、見て見て!」という自信がなかったのだ。

今回はお金をかけることにした。
(ほんのちょっとだけ)
夫の会社のHPをリニューアルしてくれている
内山さんに頼んでみた。

 「えーっと、イメージカラーはベージュとかコーラルピンクで」
 「今のHPの文章を流し込んでください。」
 「カッコいいのをお願いします。」

こんなアバウトな依頼でさくっと作ってもらったのがこちら

内山さん、さすがプロ!

これで文章を練る気も起ころうというもの。
それに「見て見て♪」と言いたくなる。

今月中には全ページリニューアルできそう。
さ。エンジンかけるぞー。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

ガラスの声帯

今朝はどうも声がヘンだ。
トーンが低くてちょっとハスキー。
はて??

   「

昨日のレイジング・スピリッツだ!
あれで叫んだからだ!

おそるべしレイジング・スピリッツ。
(とゆーか私のガラスの声帯)

今日はジプキンを歌ったりしないように気をつけようっと。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

おとぎの国のマーケッター

突然思い立ってTDSに出掛けた。
「ものすごくワクワク」でもなく、ごく冷静に。

TDSはまるで初めて、TDRも数年ぶりだ。

が、まずディズニー・リゾートラインでテンションが上がった!tsurikawa
  窓がミッキーちゃんだっ!
  つり革もミッキーちゃんだっ!
  車内の広告はTDRのスポンサーばかりだ。
  なのにパスネットが使える!
  おとぎの国が現実世界に攻めてきている感じだ。

メディテレーニアン・ハーバーの様子は
ハウステンボスに相通ずるものがある。
なのに、繁盛度合いの違いは一体どこにあるんだろう?
それがずっと気になっていた。

  TDSにあってハウステンボスにないものは
  刺激的なアトラクションとキャラクター重視政策。
  おとぎの国らしさの一貫性。

  ハウステンボスは、本物の街並みの再現という
  目的になってはいないか?

  せっかくミフィーちゃんというキャラがいるのだから、
  ディック・ブルーナのその他キャラも総動員して
  おとぎの国らしさで突っ走ってほしいものだ。

「ミゲルズ・エルドラド・キャンティーナ」で
メキシカンの軽食&夫に5分間コーチング。
(注:記載することは了承済)

夫は、旅先やいつもと環境の違う場所で
コーチング・セッションを受けることが好きだ。
新鮮な発想になるらしい。

次の「レイジングスピリッツ」は60分待ち。
食休みを兼ねて並ぶ。
「やっぱり並ばないと気分がでないよね」

だがしかし。隣のラインは待たずにずんずん進んでいく。
ファストパス用だ。

夫は『新富裕層マーケティング』を読んでファストパスを知っていた。
近い将来、並んだことのない人たちが増えていくんだろうなー。
  「ボクも並びたーい」
  「並んでるの楽しそー」
とかいう新富裕層のお子たち。
ここでもマーケティングのお勉強だ。

それから。
「ALTO! ENTRADA PROHIBIDA」
というスペイン語の意味を聞いたり、
「アディオス!アミーゴ!」というキャストのアナウンスに
「アミーゴスだろっ」とか
「アミーガス イ アミーゴスだろっ」とか
突っ込みを入れたりしながら並ぶ。

360度回転するようなローラーコースターなんて何年ぶりだろう?
しかも最近は首の強度に自信がない。
じょじょにドキドキしてきた。
座るのは最前列だ!おぉぉ!
で、でも後ろの方がよりコワイはず。(物理的に)

「ぎゃあぁぁぁぁ」

…降りてきたら足がガクガクしていた。はぁ~。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

働くお金~投資型年金保険

今年5月に、○○○生命の投資型年金保険に加入した。

元本は150万円ぽっきり。
運用は夫(=FP)の指南を受けて、まめに設定を変えている。

5ヶ月たった今の残高は、約174万円
   増加率 15.86%gold_coins
   年利にすると38%

お金が働いている状態。

この調子で増え続けてくれ~!!
幸せな老後のために。

それよりも問題は、今の収入をいかに増やすかだわ。

※資産運用のご用命はこちら


| | Comments (0) | TrackBack (0)

価値探し

今日はUコーチの100人コーチングで「価値探し」。
だいたいこんな質問をされた。

●今、夢中になっていることは何ですか?
   日本古代史の本を読むこと。

●どんなところに惹かれるんですか?
   新説であるところ。

●好きことは何ですか?
   読むこと、書くこと、踊ること。
  
●高校卒業した頃、何が好きでしたか?
   踊ること!

dance

●他には?
   なし。踊りだけ!

●他のやってみたい踊りは?
   やってみたいと思わない日舞、フラダンス。
   動きがゆっくり。型が決まっている。

●小学生の頃、夢中になっていたことは何ですか?
   女の子の絵を描くこと。
   百科事典を見ること。

○メタ・コミュニケーション

●自分らしいと感じるときは、どんなとき?
   世話を焼いているとき!

○メタ・コミュニケーション


23分間みっちり引き出してもらった。
3つの時間軸で聞いてもらったのが効果があったと思う。
さらに探し続けよう。

強みから探るテもあるかなぁ。

  価値は内側にあるもの。
  強みは外側に出てきているもの。

※皆さま、Uコーチの100人コーチングにご協力を♪


| | Comments (1) | TrackBack (0)

物々交換!

今日はご近所のコーチ仲間、Kさんと「ライフ」の前で待ち合わせ。
なんてローカル!

下関の新米コシヒカリと、紅茶を物々交換した。

ちょうどお米がなくなりかけていたので、ありがたく頂戴する。
今日の晩ごはんは美味しい新米だ♪

whittard

私が持参したウィッタードのアールグレイは、
白鳥柄なのでお土産用に愛用しているものだ。
ティーバッグが50個入っていて、
お手軽で美味しい。
ラウンドタイプなので、
ホチキス針を分別せずにすむ。
これが嬉しい。

Kさん、今度は「梅ごま」の受け渡しですね!


| | Comments (2) | TrackBack (0)

大好物の栗きんとん♪

秋になったら中津川の栗きんとん!

kuri大好物だ。
一口で食べてしまうのはもったいない。
今日は松月堂の栗きんとんを買ってきた。

栗きんとんに、渋茶をずずっ。
秋の幸せである。

こんなサイトまで見つけた。「中津川 栗きんとん巡り


| | Comments (0) | TrackBack (0)

こくみん共済のCMにツッコミたい

「お母さん」

「なあに?」

「こくみん共済のこと、詳しく教えて」

こくみん共済のCMで、
娘=新妻役の白石美帆さんに頼まれて
「いいわよ」と臆せず返す母は全労災勤務か? はたまたFPか?

いずれにせよ、タダモノではない…。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

『ミリオネアの教え、僕の気づき』

我が家の本は循環している。

夫が週末に購入→夫はすぐに読み終える→
私に向きそうな本はすすめてくれる→手許に残す本をより分ける
→残りはアマゾン・マーケットプレイスに出品。

今日は4冊出品した。
うち1冊はすぐ売れた。

ミリオネアの教え、僕の気づき』(河本 隆行・著)

kiduki

夫からのおすすめ本でもあったので
慌てて読んだ。

ロバート・キヨサキ、アンソニー・ロビンズ、
ジョン・グレイ、アラン&バーバラ・ピーズ、
ジョン・フォッピという5組の成功者と
身近で接したことから得た
著者の気づきがコンパクトにまとめてある。

1冊で5冊分おいしいお値打ちの1冊だ。

値打ち感という点では、夫の本(『お金があふれる会社の法則』)
に通じるところもちょっと感じる。

特にお値打ちを感じたのこんなところ。


【ロバート・キヨサキ】
 ・<エフェメラリゼーション>という魔法の杖…just do it ONCE
 ・やるなら1度だけやって繰り返し自分に恩恵を与えてくれる
  方法を考える。
 ・うまくいっていないと感じたら、「窓にぶつかり続けるハエ」に
  ならない。
  まったく逆のことをやってみれば、きっと何らかの
  結果が返ってくる。

【アンソニー・ロビンズ】
 ・欲しくもない不安や恐怖に焦点をあてるのはやめて、
  欲しい結果に焦点をあてる生き方をしよう。
 ・感情は自分の表情や体の使い方でコントロール
  することができる。
  幸せだから笑う→笑うから幸せを感じる、もありなのだ。

【ジョン・グレイ】
 ・相手が喜んでくれることが、自分の幸せという柔軟な
  スタンスをもとう。
 ・女性にモテるための4つの秘訣
    (私は女性だが、知り合いの独身男性に教えてあげたい秘訣だわ。)

 ①話を聴く、
 ②気づかう、特別視する、褒める
 ③愛情をそそぐ
 ④頻繁に肌にタッチする

【アラン&バーバラ・ピーズ】
 ・いつでも人を気づかう謙虚な姿勢、飾らない物腰こそが
   かっこいい。

【ジョン・フォッピ】
 ・自分が持っていないものではなく、自分が持っているものに
   焦点を当てる。
 ・肉体的・環境的なハンディキャップは存在しない。
  存在するのは心や感情的なハンディキャップだけである。


| | Comments (2) | TrackBack (2)

僧帽筋をリラックス♪

今日のあるある大事典2は「たるみが10日で戻る」!

こ、これは要チェックだっ。
老け顔の原因は顔のたるみ→日常生活に原因が!

お。

なんでも、猫背姿勢を続けると僧帽筋が硬直する。
この僧帽筋が、顔全体を後頭部から引っ張り上げる大切な筋肉なのだそうだ。

やばい。

私はずーっとひどい肩凝り。僧帽筋だってカチカチのはず。
今は年齢詐称できるけど、後々のために体操せねば。

  左右のストレッチ5秒×3角度×3セット。
  前後のストレッチ15秒×3セット。

試しにやってみると、インナーマッスルが動くのか?
ミシミシいうし、熱を発する感じがする。

さらに表情筋のストレッチ。

  眉を上・下・寄せる×10セット。
  口を横に広げる・つぼめる×10セット。

10日後が楽しみ♪ か?
一緒に試す方、いませんかー?


| | Comments (4) | TrackBack (0)

おとめ湯

otomeyu 毎日3時半ころ、近所に謎の行列ができる。

そこは「おとめ湯」。

富士山の絵もある、トラディショナルな銭湯だ。
開店時には10人前後のシニア・シティズンが桶を片手に待っている。

(月)はお休み。
なので(日)には”あしたおやすみ”の赤い布がはためく。

のどかなのどかな下町風景である。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

お散歩日和

10月なのに真夏日。それでも風が心地良いお散歩日和。

家の近所にある小石川植物園に向かった。

裏門までは5分ほどで着くのだが、中に入るには正門に回らないといけない。高い塀に沿ってずーっと歩く
塀の上にはいろいろな種類の巨木が見える。

koishikawa2

道を歩いていても森林浴気分が味わえる。
フィトンチッドだわ。

通りの反対側は、文京区らしく小さい印刷所、裁断所、紙やさん、出版社が並んでいる。

結局園内には入らず次のお散歩へ。千川通りに向けて坂を下る。

千川通りから播磨坂。
ここが桜で有名な播磨坂か。だらだらの長~い坂。

上がりきると春日通り。
小日向を突っ切って神田川方面に下る。

ふと、キンモクセイの香り。
今日みたいに暑くても、几帳面に咲き始める。

江戸川橋駅から関口の、さる不動産物件を見に行く。
地蔵通りという名前の庶民派な街だ。住み易そうである。

そこから今度は神楽坂駅に向かう。
渡部坂をずんずん上がって早稲田通り。

新宿区に入った途端、小さな区画毎に町名が違う。
山吹町、天神町、中里町、矢来町。
区画が小さいので「○○町○丁目○番地」ではなく
「○○町○番地」だ。

町名自体は風情があっていいのだが、不便だ。

合計1時間半ほど歩き続け、神楽坂のマックで
桃小町シェイクを飲んで、東西線に乗って帰ってきた。

文京区の地形は台地と坂で構成されている。
23区では港区に次ぐ坂の多さらしい。

今日もたくさんの坂を歩いた。
網干坂を下り、播磨坂を上り、今井坂を下り、服部坂を下り。
坂の由来を調べるのもなかなか面白い。

(以下、文京図書「THE 文京区」より)

【網干坂】
白山御殿山台から小石川植物園の西側の塀に沿って、
千川の谷に下る坂。
江戸開府よりはるか昔、坂下一帯は入り江地で
船の出入りがあったという。
漁夫がこの地で網を干すことも多かったのか?

【播磨坂】
戦後の区画整理により新しく造成された坂。
かつて松平播磨守屋敷があったこと、
坂下一帯が「播磨たんぼ」と呼ばれていたことから
播磨坂と呼ばれるようになった。

【今井坂】
坂の上に今井四郎兼平にちなんだ
兼平桜と名付けられた大木があったことが由来(異説あり)。
徳川慶喜・終焉の地との碑が立っている。

【服部坂】
坂の中程に、旗本・服部与兵衛門の屋敷があったことが
坂名の由来。
寛永年間の絵図にすでにその名がある。


| | Comments (4) | TrackBack (0)

谷亮子選手のつくり方

昨夜、テレビ朝日の「天才アスリートの作り方」を見た。

その中の谷亮子選手のつくり方が私にはヒットした。


●練習中でも笑顔

 脳がリラックスして持てる力をすべて出し切れるから。

  私自身の理想のコーチング・スタイルは

  セッション中に笑いがあること。

  笑うことで脳が活性化してエネルギーが充填されると思うから。

  「心技体の他に脳を鍛える」という発想が素晴らしい!


●柔道は背中が畳につくと負けなので、就寝時も横向き。

  横向きに寝る人はいるけど、

  「背中をつけると負けだから」という理由は

  ヤワラちゃんぐらいでしょう。

  明確な優先順位がすばらしい!

  この覚悟が、あの活躍をもたらすのね。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

« September 2005 | Main | November 2005 »