« February 2006 | Main | April 2006 »

携帯を使った心理作戦

私の携帯の待ち受け画面はこれだ。

satsu

お金に対して親近感を呼び起こす作戦。
だけど見るたびにドッキリしている。
(だめじゃん)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

メキシコに感謝!

リンク: @nifty:NEWS@nifty:メキシコ大使館に感謝のメール殺到、WBC米国戦後(読売新聞).

WBCでの王ジャパンの優勝に酔いしれた。
選手をはじめとしたチーム関係者の頑張りは素晴らしかった。

それはそれとして、この優勝の陰の功労者は、
アメリカに勝ったメキシコ・チームだ。

メキシコに感謝の気持ちを表すにはどうしたらいいだろう?
そうだ!近々メキシコ料理を食べに行こう!
考えていたところだった。

メキシコ大使館に感謝のメールが殺到したというニュースを
見つけて、嬉しくなった。
感謝の気持ちを受取ってほしいな。

ビバ!メヒコ!!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

『魚がし日本一』

新宿ヨドバシカメラの帰り、
小腹が空いているときに鼻をくすぐる酢の匂い。

「お。立ち食い寿司だって!」
「75円?安いね!」

立ち止まる。
中を覗く。(待ち行列あり)
待ち行列に加わる。

席は12席くらいか。
1度に2種類注文するというルールがある。
1回あたり300円だ。
カウンターの中にはすし職人が2人。
1人は店長と呼ばれている。
もう1人はおじーさんだ。

「アナゴとアジ」
「ホタテと甘エビ」

私と夫はすしの好みがまったく異なる。
タマゴしかかぶらない。

口々に注文するお客さん達にすばやく対応している。
即席のアルバイトじゃあ、こうはいかない。
おじーさんは、もしやこういうキャリアが…(以下妄想)

かつては店を持っていたけど、歳も歳だし店の維持はもうやめた。
でも、そこそこの時給で好きなすしを握れて
お客さんに喜んでもらえるなら働いてもいいな。

(妄想終了)

私は3回、夫は4回注文して店を出た。
ネタは新鮮、思いのほか美味しかった。
シャリが小さめなのも食べ易い。
在店時間は30分程度。
食べていたのは20分くらいか。
ふむ。
12席×3回転=1時間で36人
客単価1,200円として…。

と、こんなことを考えるのはマーケッターの証…?

魚がし日本一

| | Comments (3) | TrackBack (0)

美味しいご飯♪

ばかばかしいほど簡単で、料理は呼べないけれど超美味。

炊きたてのご飯に以下を混ぜるだけ。
 ・きざみふじっ子(ごま)←昨日100円ショップで買ってきた。
 ・焼き鮭

夫は1口食べるなり「おいしい!」と言い、
2口食べて「これおいしいねー!」。
簡単で美味しいのが一番ね。kizamifujicco_goma

| | Comments (2) | TrackBack (0)

『前頭眼窩野』

コーチ仲間には年齢不詳でイキイキしている人が多い。
好きなことをやっているかなーぐらいに思っていたのだが、
今日の「あるある大辞典」で謎が解けた。

キーワードは『前頭眼窩野

前頭眼窩野は、疲れを感じるとリラックス物質セロトニンを
分泌させ、体の各所に休めという指示を出す働きを
しているそうだ。

そしてもう1つ司っているのが『コミュニケーション』
だまされないように、表情を読む働きをする場所でもあるのだ。

前頭眼窩野が衰えると、疲れがとれなくなる。
衰えの原因は2つ。
 ・加齢(25歳以降衰え始める)
 ・コミュニケーション不足

コーチ仲間は
”加齢による衰え < コミュニケーション量”
で疲れからの回復が早いんだろうなー。

疲れない(回復が早い)→イキイキ→コミュニケーション増
→疲れない→(以下繰返し)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

生地選びに生かす”強み”

ここ1週間、ソレア(群舞)で着る衣装用の生地を探している。
5つの強みのうちの1つ『収集心』がフル稼働中。

先週(土)は日暮里に出掛けた。
でもメインは他の衣装探しだったので、”さわり”程度。

今まで見たお店は池袋キンカ堂、蒲田ユザワヤ、新宿オカダヤ。
それに友人が見にいってくれた渋谷マルナン。
これだけ見ても「これはっ!!」というものはない。
既にあるオリジナルの衣装に似たものを探しているのだけど、
そのオリジナルは薄いジョーゼットの生地に総裏を貼って
微妙な色合いに仕上がっているから。

うぅむ。どこまで近づけるか。
果たしてどこまで近づける必要があるのか。
自前のレスポのポーチの柄の一部を指し、
この色を探しているんです。と探し続ける私…。
凝り性の『収集心』

オリジナルの衣装はこちらtanmala

| | Comments (0) | TrackBack (0)

まっすぐに。

”確かにいろいろあったけど、運命だと思って人生を楽しみたい。”

17歳の少女の言葉です。azami
度肝を抜かれました。

まっすぐに。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

我が家も金芽米

リンク: @nifty:NEWS@nifty:金メダル効果で生産倍増へ(共同通信).

流行にのって金芽米を買ってみた。
生産倍増に微・貢献している。

kinme

| | Comments (0) | TrackBack (0)

噂にたがわず

ROYCE'のポテトチップチョコレート!!!

すごいっ!

potechoco

| | Comments (5) | TrackBack (0)

ゆず胡椒ご飯

今日のヒットは『ゆず胡椒ごはん』。
即リピート決定です。

唐辛子の辛さはあらかたとび、
柚子のいい風味が残ります。

ゆず胡椒とちくわ輪切りだけ入れてご飯を炊き、
しろ胡麻のすったのをふりかけました。
大好きな”簡単で美味しい”一品です。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

大根栽培

daikon1 鉄腕DASH!で茂子が大根と人参のきれっぱしを栽培していた。

ので、私も試してみた。

大根の葉がすくすく伸びている。

(眺めているエジソン君)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

シリンゴル@モンゴル料理

自宅から徒歩3分ほどのところに都内随一のモンゴル料理店がある。
その名は『シリンゴル
存在は前から知っていたけど、今晩初めて行ってみた。

席に着くとまずお茶を注がれる。
モンゴル風ミルクティだ。
なにやらしょっぱい。が、意外とイケる。
”お通し”ボーブ(揚げパン)は特に味はなく素朴な感じだ。

何を注文したらいいのか見当もつかないので
コース(3千円で9品)にした。

注文した品が1品もでてこないうちに、
馬頭琴の生演奏が始まった。
さっきまでカウンターの中にいた男性(チンゲルトさん)が、
民族衣装に着替えて椅子に座っている。

初めて見た馬頭琴。
弦は2本。
しかも弦の上から押さえるばかりでなく、
指で弦を持ち上げて音程を調節している。すごい!!
まるで草原を風が渡るような音楽だ。

草原の音楽というとブルガリアのガイダ(バグパイプ状の楽器)
を思い出す。
その昔、モンゴル騎馬軍団がユーラシア大陸を征服していった
西端が東欧だ。
なにか通じるものを感じるなー。

そういえばプロトケラトプスの化石が
大量に見つかったのもモンゴルだ。
バヤン・ザクだっけ?
赤い崖??

…などと想像が時空を超える頃、演奏が終わった。

いよいよ食事だ。コース料理はこんな感じ。

・冷菜3品(お豆腐料理、胡瓜と唐辛子、ジャガイモと葱)
 →ちょっと中華風。
 なんでもモンゴル料理とはいえ「内蒙古」(中国)では
中華風も混ざるそうだ。

・バンシ(水餃子)→お、早速羊肉だ。黒酢をつけて食べる。

・ボーズ(蒸し饅頭)→引続き羊肉と小麦粉の皮。

・シリンゴルサンド
 →小麦粉でできた皮に甘い味噌を塗り、
  羊肉や白髪葱、春雨、玉子、胡瓜などを巻いて
 北京ダック風に食べる。
  なかなか美味しい。

・チャンサンマハ(骨付き塩茹で羊肉)
 →メイン料理!豪快にでてきた。意外とさっぱりしている。
  で、でも、既にお腹いっぱい。
  羊さん、ごめんなさい。

・ゴルリンホール(肉うどん)
 →あっさり塩味で優しい味。そして羊。

・デザートの胡麻だんご
 →白玉の中に黒胡麻あんが入っているような
 つるんとしたデザート。
  (中華風の胡麻が外側にびっしりではない)

ふぅぅ。お腹いっぱい。
合い間に店長さんに質問してみた。

・どうしてモンゴル料理店を始めたんですか?
 →当時(11年前)まだモンゴル料理店がなかったので。
  特にモンゴルが大好きとかそういうわけではないです。
  たまたまモンゴル人の知合いが多かったから。
  (えぇぇ!そんな軽いノリで!?)

・”スーパーえいごリアン”に出てましたよね?
 →もう4年くらい前ですよ。
  (え??今週、再放送していたのに?)

同行した夫はなんと10年前にも訪れたことがあるという。
当時ニフティの株式投資フォーラムのオフ会が、
シリンゴルで開催されたのだという。
なんて早いもの好きな幹事さんだろう!

今年はモンゴル建国800年とか。
シリンゴルもますますがんばってほしい。
また行こうっと♪

| | Comments (3) | TrackBack (0)

家で流行っていること

イヌバウアーinu

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2月の総括

2月が終わった。

今年はコーチとしてもっと人をサポートしたいと志を立てた1月。
でも、後から後からいろいろ降ってくる。

こんなんじゃだめだ!
2月は、コーチとしてより
『フラメンコ発表会実行委員長として活動する』
と腹を括った。
優先順位を並べ替えたのだ。

そうして2月は過ぎた。
予算・リハーサル日程・衣装 等々目鼻がついた。
ほっと一息。

昨日バイトの合い間に2月を振り返って驚いた。
発表会関連以外、な~んにもしてない。
月にたった4冊を目標にした
ビジネス書を読むことすらしていなかった。
反省して本屋へ行くと、私を待っていた本は

片づけ下手な右脳人間のための整理本
 ~どうしてすぐに机の上がぐちゃぐちゃになるんだろう?』

うふふ。
私は
”オール・オア・ナッシング型”?unou
”完璧主義型”?
”とり散らかし方”?

いずれにしても肝心なのは
読んでからの行動ね…。(わはは)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »