« May 2006 | Main | July 2006 »

週末の小旅行

軽井沢には長野新幹線で行った。
ほんの1時間ちょっとで高原だ。空気が違う。

宿は『ホテル・サイプレス軽井沢
サイプレスは糸杉を意味する。
針葉樹の幹を思わせるドアを開けると55平米の広ーい部屋が。

左手にミニキッチン、ワインセラー(入っているのはお水だけ)、
ドレッサー。
右手はベッド。
奥はソファーがどーんと両側に。TVはアクオス。
DVDも有線もある。
そしてフットマッサージ機が!!

テラスには丸いお風呂。これが露天風呂だ。
檜のいい香りが漂う。フィトンチット充満。
ちゃぽ。
風が涼しい。

露天風呂→フットマッサージャー→ひと休み→露天風呂
→(以下繰返す)

夕食はフレンチ。
豚肉のリエット、鱸のマリネ、グリーンピースのポタージュ、
パスタ・ボロネーズ。どれもほんの一口ずつだ。
イサキのポワレ・タップナードソース、ライムのグラニテ、
和牛ロース肉のグリル・赤ワインソース。
デザートは赤肉メロンとアロエのコンポート・スープ仕立て、
クッキー2種類とコーヒー。

こんなに食べたのに、夜食にとおにぎり(小)×4つを
竹篭に入れて渡された。
いたれりつくせり。

そして再び露天風呂→フットマッサージャー→ひと休み…。
はぁぁぁ。極楽!

旅行先では、たいていコーチングをすることにしているが、
今回はライフプランを練ることに。
新鮮な発想ができて楽しい。
どんどん妄想はふくらみ、とてつもないライフプランになってきた。

どんなサービスがいいサービスなのか、
受けた体験がないと判断ができない。
こんな贅沢な小旅行も、心の栄養。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

脱☆ヌケガラ

月曜日からヌケガラ人生だけど、
昨日から少しずつ動き出した。。

・極楽!フットマッサージ30分&ボディマッサージ40分で
 体をリセット
・ダビンチ・コード(上中下)を一気に読破(今更?)
・モニョを作るために切れずにいた髪をカット&カラーリング
・仕事モードに切り替えるべくお仕事バッグを購入

さ。前を向いて進もうっと。Otaksa_1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

FPHピンチ!

ニュースを見ていたら、なんだか見覚えのある景色が?!
豊島区の有名ケーキ店で一酸化炭素中毒!!?
はっ!フレンチパウンドハウスだわ!
ビックリして鳥肌がたった。

FPHがんばってくれー!


リンク: @nifty:NEWS@nifty:東京・巣鴨のケーキ店で従業員8人がCO中毒(読売新聞).

| | Comments (0) | TrackBack (0)

舞台裏

今回の発表会は、個人的には今までになく練習が少なかった。
だけどものすごく入れ込んだ発表会だった。
それは「実行委員長」だったから。

6月に発表会なのに4月に先生のリサイタルがあって、
予算策定、リハーサルの場所押さえ、アーティストへの連絡、
出演料計算、チケット割振り、出演者全員への連絡、印刷関係、
広告とり等々、ほとんどの仕事を生徒たる私達がこなしたのだ。

フルタイムの仕事をしていない私が、一番時間を使える。
予算策定は大変だったわー。
当初はどう考えても大赤字だったもの。
可能な限り倹約した。
(チケット300枚、チラシ2,000枚、プログラム300部の
版下作成・紙代・印刷代でぜーんぶで1万円だった!
中目黒の奇跡だ)
広告もとった。(合計10万円分!)
こんなにがんばったのに、
前回より減らすつもりだったリハーサル回数が
うっかり1回増えていてスタジオ代だけで8万円くらい赤字。
と気付いたのが4月。あわわ。

そんなこんなで4月も5月も日々電卓を叩き、
存分な練習はできず、
6月に入ると広告作成が佳境で、最後まで練習不足のままだった。
広告を仕上げたのは発表会前々日。
宅配便で送れるギリギリの時刻だった。
(我が家のプリンターくんが頑張った)

そんな中、
頭につけた花(ブレリアの赤×8人分、自分のソレアの白、
グアヒーラの白赤)は手作り。
初級のティエントでつけたシージョ×8人分も私が作った。
その他に白地に黒水玉のペチコート×3枚と
シージョ×4枚を縫い、
打上げのテキーラガール用タスキ×2本を最後の週に縫った。
こんなに自作が多いのも珍しい。

苦心のやりくりの結果、15万円近く黒字になりそう♪
と思っていたところ、発表会当日
20万円を見込んでいた付帯設備費の請求書が34,000円程度。
え゛…。
それって劇場に聞いて算出した予算だったのでは???
へなへなと崩れそうになったのだった。ははは。

でもMLを通じて出演者の皆さん(普段顔を合わせない富山・逗子・
松本の皆さんとも)とたくさんコミュニケーションをとることができて、
とってもいいチームワークを作り上げることができた。

ただ踊るだけでは分からなかった舞台作りの
作業・苦労も味わえた。
メンバーの得意分野を持ち寄って、本当に仕事がしやすかった。
そんな仲間と離れ離れになるのが何より寂しい。
私たち、フラメンコを教える先生にはなれないけど、
フラメンコ教室は運営できるよね!
発表会請負ユニットでも立ち上げちゃおうかしら。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

燃え尽きた…

6年間通い続けたフラメンコ教室の、最後の発表会が終わった。
ゲネプロから既に泣きそうで、フィナーレはうるうるしながら踊った。
最後の緞帳がおりるときは涙で前が見えなかった。

はぁぁぁ。燃え尽きたぞー。

最高の仲間たちだ。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

謎の古墳ギャル

深夜、謎のTV番組に出会った。

『古墳ギャル コフィー』
http://www.kaeruotoko.com/coffy.html

古墳が高校生になっていて、
「ニントク君!」なんて呼びかける非常にシュールな番組だ。
高校の先生は落ち武者姿の桶狭間先生。
ペットは埴輪。
3種類の古墳が出てくる。

前方後円墳、四隅突出型墳丘墓、前方後方墳。
妙に日本史の知識を感じさせる。

コフィーのパパは元F1パイロット。
ママは元ピットクルーで昨日の放送では7.42秒でタイヤ交換をしていた。
あぁ…、なんてシュールな世界だ…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スタジオ見納め

6年間通い続けた中目黒のスタジオ エル・カミーノ。
今日で見納めだ。

蒸し暑い夏でも冷房はなく、寒い寒い冬でも暖房はなく、
朝練でも地下だから薄暗い。
涙と汗がしみこんだ緑の床。
この歳にして部活みたいな日々だった。

土曜日に劇場でリハ、日曜日に発表会本番で解散となる。
なかなか胸に迫るものがあるけど、泣くのはまだ早い。

本番の舞台で存分に踊って、打上げではじけて、
その後ひっそり泣きたいかなぁ。

☆発表会を見に来て頂ける友人・知人の皆さま!
☆気合を入れて踊るので、楽しみにしていてくださいね。
☆広告も出します。目を通して頂けると嬉しいです。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

入梅

近所の大銀杏の周りを、何羽ものツバメが飛び回っていました。

久しぶりで見たなー、ツバメ(鳥)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2006 | Main | July 2006 »