« April 2009 | Main | June 2009 »

新型インフル、東京でも。

大阪在住の弟は、仕事中でもマスクをしているそうだ。

東京でも、今週初の時点でマスクはほぼ売切れ。

ようやく入手したのは、こんなすごいの。

20090520image624

今、これをする勇気はないなぁ…sweat01

| | Comments (2) | TrackBack (0)

水道橋 18:30

今日の東京の空は、シマ模様。

20090520image625

| | Comments (0) | TrackBack (0)

はじめての!東武ワールドスクウェア

新緑の鬼怒川を訪れた。
そして雨 rain の中、東武ワールドスクウェアへ。

世界の名所・旧跡を1/25縮尺で再現した
なんとも酔狂なミニチュアパークだ。

が、世界史・世界地理好きとしては、
心密かにいってみたいと思っていた。
(おおっぴらには言えないけど)

ゲートを入ると『現代日本ゾーン』
左手に国会議事堂、その向かいに東京駅、
正面には東京タワー、その右手奥には東京ドーム。
などが広いスペースをとって並んでいる。

Image624

東京タワーの隣に1つ区画がとってあるのは、
もしやスカイツリーか?(あれは東武鉄道だし)

Image627

『現代日本ゾーン』の先にあるのは『アメリカゾーン』。
自由の女神がいる。
(それを見て「お台場でしょ」とツッコむ観光客あり。ホントに。)
エンパイアステートビルと、ワールドトレードセンター(今は亡き…)と
クライスラービルが並んで立っている。
シュールだわ…。

Image634

その隣は『エジプトゾーン』。
ギザの三大ピラミッド(の縮小)とスフィンクスが、
新緑をバックに雨に濡れている…。

Image635 奥の方でこっちを向いているラクダ

そして『エジプト』の裏側は『ヨーロッパゾーン』。
ここは有名どころ満載だ。
パルテノン、バチカン、ヴェルサイユ宮殿、
サグダラファミリア、オランダの風車、モスクワのヴァシリー寺院etc
なかでもノイシュバンシュタイン城はもともと森の中なので
より本格的っぽい感じ。

Image641

本物は下町の路地の隙間から望むようなサクレクール寺院も
すっきりしたものだ。
Image644

次の『アジアゾーン』は多彩だ。
イランのモスクから始まり、隣にはアンコールワット。
その向かいにタージマハル。
敦煌莫高窟のとなりに雲崗の石窟があり、その上に万里の長城。
あまりのことにクラクラしそうな配置だ。
そうか、昔々のタイガーバームガーデンみたいなのか flair

新型インフルエンザも心配だし。
地味に鬼怒川で世界旅行気分もなかなか乙なものである fuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お裁縫・他

発表会で着用した衣装はもちろんオーダー。

だけどペチコートは自作。

Image6144

日暮里繊維問屋街で生地を探して、各自お裁縫。
ロックミシンを使う裾の始末は4着とも私が担当した。
裾だけでなく、共布のフリルまで作って酷使したロックミシンは、
部品がとび故障。
(頼み込んで最短期間で修理してもらった)

そして白いペイネタには、
デコ携帯用のラインストーンをぺたぺた貼って豪華仕様に shine

Image605

発表会後、クラスのない今週。
つい調子に乗って練習用ファルダを1枚作成。
3年前に買ったきり寝かせていた生地2.5メートルでファルダ本体(黒)
やはり3年前に作ったペチコートの余り生地
2.5メートルでボランテ(白地に黒水玉)
ちまちまお裁縫している時間ってシアワセ heart02
そして生地代は1着分\2,500-だな moneybag

Image6222

来週から、またがんばろうっと fuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

3年ぶりの発表会

島村教室での発表会は初めて。

発表会の舞台に立つのは3年ぶり。
中野ゼロに立つのは9年ぶり。

3年前も9年前もグアヒーラを踊ったっけ。

発表会を1回経験して、ようやくその教室に馴染める私。
島村教室での初めての発表会はいろいろ驚くことがあった。

フォーメーションがつくのがリハ直前で踊りこめず、
みんな直前まで熱心に自主練習しコンパスの精度を上げようと勤め、
自分の納得感やバックのアーティストへの意識が高く、
観客への意識は薄い。
こんなに練習するんだ、みんな。
プレステージやモダミカに住み込んでいるのか?という状態。

当日は11:15楽屋集合。
鏡の前に陣取り、衣装をかけ、荷解きをし。
楽屋の雰囲気も久しぶりだなー。
場当たり、ゲネプロと時が過ぎ、あっという間に本番。17:30開演。
私が踊る群舞・グアヒーラは2部の1曲目。
楽屋のモニターを見ながら舞台化粧に勤しむ。
モニョは自宅で作ってくるようにという指示でトライしたけど、
やっぱり直され、
化粧rouge もやってみたけど大幅に直される。くすんweepいつもだ

そして1部と2部の合間に舞台下手袖にスタンバイ。
みんな、楽しく踊ろうねshine

緞帳が開く。ギターが始まる。
サリーダ、ファルセータ。大丈夫good 落ち着いている。

私は例によって緊張せず、超笑顔 happy01
実は最後までできない足があって、当然本番でもできず仕舞い。
だけど顔だけはがんばろうsign03 と覚悟を決めた。
 ・外れた音を出すくらいなら音を消す。
 ・失敗しても表情は依然としてにこやかに。
この2点を死守 coldsweats01

あんなに練習したのに、舞台は一瞬だ。
余韻を惜しむように舞台袖に引っ込む。
楽しかったわ heart01

長らく患った、フラメンコにおける燃え尽き症候群も脱した。
本当に楽しかった。

終演後、フラメンコ仲間とロビーで話すことができた。
開口一番「みんな、死ぬほど練習したでしょ!」
フラメンコを知っている友人からそう言われるのは、
とても嬉しく誇らしい気分だ。
しかも「私」だけでなく「みんな」(他の演目の出演者も含めて)
という点が更に嬉しい。

またがんばっちゃおうかなーと思う発表会だった。

ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました fuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2009 | Main | June 2009 »