« 歯痛、その後。 | Main | 更にもう1冊。 »

認定スクールコーチ養成プログラムからの収集心

週末は日本スクールコーチ協会
認定スクールコーチ養成プログラムに参加した。

土曜日は「学校知識」と「人間の発達」
日曜日は「スクールコーチング」
いずれも朝から夕方までびっしりだ。

その中で気にかかったキーワードが「発達障害」と「自己肯定感」
私の日常にはない言葉だ。
そして頭をもたげる収集心。

歯医者の帰りに紀伊国屋に寄ってみた。
そして購入したのが以下2冊。

「発達障害の子どもたち」
杉山登志郎・著 講談社現代新書

→帯に書かれていることばに、後から気付いた。
 「15万部突破!」
 このタイトルの新書で15万部も売れるのか!
 そんなに悩んでいる(或いは興味を持つ)人が多いのか!!
 講義ではクラスに1人相当ときいた。
 ふーんそんなものかなーと思っていたけど、
 この発行部数に衝撃を受けた。
 見ると初版から1年ちょっとで18刷だ。
 とても求められる情報なのだろう。

 スクールコーチという観点からは、
 発達障害児は扱える範疇にないと肝に銘じた上で、
 情報として入れておく必要は感じた。

「日本の子どもの自尊感情はなぜ低いのか」
古荘純一・著 光文社新書

→児童精神科医がQOL(quality of life)尺度の開発に携わり、
 日本各地でQOF尺度を使って調査を実施。
 その上で同じ尺度を使った他国との比較をしている。
 ざっくり言うとドイツ・オランダに比較して
 日本の子どもは自尊感情が低い。
 そしてオランダの日本人学校の子どもは自尊感情が高い。
 とても興味深いデータを、グラフ豊富に検証している。
 (このデータ・グラフというのがアナライザーにとってポイントが高い)
 今年5月の発行なのでデータの新鮮さも好感触だ。

今2冊平行して読んでいて、混乱気味。
それでもアタリの本だと思う。

|

« 歯痛、その後。 | Main | 更にもう1冊。 »

「コーチング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38437/45378133

Listed below are links to weblogs that reference 認定スクールコーチ養成プログラムからの収集心:

» 自閉症を知ろう [自閉症を知ろう]
自閉症に気付かない人や恥ずかしいと感じる人のために、自閉症の正しい知識を知ってもらい、自閉症と正しく向き合うためのサイトです。 [Read More]

Tracked on June 18, 2009 at 07:40 PM

« 歯痛、その後。 | Main | 更にもう1冊。 »